ネットショップが簡単に開設できると噂の『BASE(ベイス)』を使ってみた


今週末は、スペイン・バル風料理に挑戦しようかと思っている、自称居酒屋料理研究家の加古です。

とあるプロジェクトでネットショップ、というか簡単な決済機能が必要となり、「今までで1番簡単にネットショップ作成が可能」とのことなので、試しに Fabo で作ってみました。

今回利用したのは、『BASE(ベイス)』というサービス。利用料は何と無料。クレジットカード決済のみ決済ごとに購入代金の3.6%+40円が手数料としてかかる。また、クレジットカードによる売上の引き出しにかかる振込手数料は利用者の負担で、引き出し申請金額が¥20,000円以下の場合は、500円の事務手数料がかかる、とのこと。

ショップ開設は、必要事項を登録するだけという、至ってシンプルなものでした。

さて、本題ですが、今回紹介するのは、「商品追加」イメージです。

1) 管理画面にログインします。

2) ログイン後、管理画面で、[新しい商品を追加する]ボタンを押下します。

3) 商品追加画面で、商品名、価格、商品詳細を入力し、商品画像を選択します。終われば、[セーブ]ボタンを押下します。

4)管理画面に既に商品が追加されています。確認のため[マイショップへ]ボタンを押下します。

5) 「マイショップ」にも商品が追加されていることが確認できました。画像をクリックして、詳細を確認します。

6) 詳細画面で先ほど登録した情報が確認できます。

これで、BASE  での商品登録から確認までの作業は終了です。恐ろしく簡単です。簡単過ぎて何か登録し忘れていないか、少し心配になるくらいでした。

実際に作成したショップはこちら→ https://fabo.thebase.in/

このサービスは使えそうです。大手ネットショップを開設するまでもなく、簡単に自社製品を販売したい企業や個人、あと NPO も利用しやすいのではないでしょうか。今後、利用料金がどうなっていくのかは、少し気になるところです。

【おまけ】

Fabo では、『Base』の他にソーシャルチケッティングサービスの『PeaTiX(ピーティックス)』も利用しています。

実際の販売中のチケットはこちら → http://tidtraining-1201.peatix.com/

最近はこのような便利なサービスが増えて手軽に商品やイベントチケットを販売でき、とても重宝しています。