YouTube 動画をより魅力的にするサムネイルを活用しよう


 

無料ツールとパワポを使って動画のサムネイルを作ってみた

 

Interview_06

梅雨明けしていきなり夏かよ、とつぶやいている Fabo の加古です。

 

さて、皆さん Youtube に動画をアップする際、動画のサムネイルはどうされていますか?

 

視聴者は動画の再生ボタンを押さない限り、動画の内容がわかりません。再生ボタンを押す前にどのような動画か判断できる材料として、サムネイルは重要です。

サムネイルにインパクトがあれば動画再生回数も増える可能性があります。インパクトのあるサムネイルで思わず再生ボタンを押してしまったことはありませんか?

 

YouTube では自動で生成された3つのサムネイルの候補から一つを選択できます。

 

しかし、3つの選択肢がいまいちな場合、これを不満に思っている方もいらっしゃるでしょう。「カスタムサムネイル」という機能があるようなのですが、認められたユーザーのみ利用可能らしく、これを利用するのは、少々ハードルが高いようです。

 

そこで、YouTube の検索などから直接閲覧する場合は別にして、自分のホームページやブログ経由で YouTube の動画を視聴してもらう場合に有効なサムネイルの作成方法をご紹介したいと思います。

 

自動生成されてしまう YouTube ではインパクトのあるサムネイルを準備することは難しいのですが、自分で管理しているサイト場合は比較的簡単です。

 

まず、YouTube にアップする前の動画からインパクトのあるシーンをキャプチャしなければなりません。そこで利用するのが、無料で様々な動画ファイル形式を変換できることでも知られている「iWisoft Free Video Converter」です。

 

他にも動画キャプチャソフトはあると思いますが、「M2TS → H.264」変換や動画編集ができるソフトですので、1つのツールでマルチに対応する意味でもこちらで十分かと思います。また、想像よりキャプチャ画像が綺麗に仕上がるのも嬉しいところです。

 

まずは、iWisoft Free Video Converter をインストールし、起動します。

ダウンロードや基本的な使い方についてはこちらが詳しいのでご参照ください。

 

さて、動画のキャプチャー方法ですが、iWisoft Free Video Converter で

1) 【Add】 ボタンを押下し、キャプチャーしたい任意の動画ファイルを選択します。

FreeVideoConverter_01

 

2) 次に Preview の[Play]ボタンを押下して、インパクトのあるキャプチャーしたいシーンを探します。

FreeVideoConverter_02

 

3) キャプチャーしたいシーンで[Pause]ボタンを押下します。その後、右側にあるカメラボタン[Snapshot] を押下するとキャプチャーされた画像がデフォルト設定のままであれば[\My Documents\iWisoft Free Video Converter\capture]フォルダに保存されます。

(この保存先や保存形式は、[メインメニュー] → [Edit] → [Option] で変更できます)

FreeVideoConverter_03

 

 

4) 保存されたキャプチャー画像がこちら。なかなか鮮明ですね。

actors

 

 

後は、この作業をキャプチャーしたいシーンだけ繰り返します。

キャプチャー後の画像にコメントや吹き出しをつけたい場合は、Office 製品に慣れた方であれば、パワーポイントで編集が可能です。

パワーポイントで

  1. スライドのデザインを決めます(今回はフィルムロール風のデザインにしてみました)
  2. 1スライドに対し1画像を挿入します
  3. 各スライドでコメントや吹き出しを付けます
  4. 編集が終わったら、[名前をつけて保存] → [その他の形式] → [ファイルの種類] → [PNG/JPEG] のどちらかを選択して保存します
  5. 任意の保存先に編集したスライドが、画像形式(PNG/JPEG)で一括保存されます

キャプチャーした画像は最終的には、ホームページやブログに YouTube の動画と一緒に効果的に配置します。その例がこちらです。

interview_collageFabo ドラマのような動画制作サービス

少し動画のサムネイルとしては、数が多いかも知れません。

 

しかし、企業動画の場合、仕事中に動画を閲覧できない方がいることを想定して、とりあえず実際に動画を観なくてもある程度ストーリーがわかるように敢えてサムネイルを多めにしたり、吹き出しを加えたりすることが大事です。これにより、サムネイル自体がより効果を発揮するのではないでしょうか。

皆さんもこのサムネイルを見て、動画を観ても良いと少し思いませんでしたか?(思わなかったかも知れませんが…)

今回は、動画のサムネイルを作って再生回数やプロモーション効果のアップを試してみませんか?というお話でした。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

Fabo では、この記事でご紹介したような動画制作のご相談を承っております。ドラマのような Web 用の動画制作にご興味がおありでしたら、お気軽にこちらまでお問合せください。