色彩オンチでも今風のフラットデザイン色をパパっとチョイスしちゃう方法


 ~フラットデザインの配色の選び方講座~

 

こんにちは、「子供の自由研究のテーマを即興で考えて差し上げます」という看板を掲げて駅前に立とうかどうか悩んでいるファーボ代表の伊藤です。

 みなさま、子供の頃、美術で「12色相環」習いましたよね。こんな図のヤツです。

 

12色相環

12色相環

 

 

忘れた?私は覚えています。なぜなら

「あおみどり」と「みどりみのあお」って何が違うんだよ・・・と思っていたからです。

 

大人になり、チラシやプレゼン資料、Webの作成をしていると、この「配色のセンス」ってヤツに悩まされます。

 

私は小学校4年の時の写生会で、近所のお寺の本堂を書いたのですが、我ながら上出来だと思って先生に意見を聞いたら「色がくすんでるネ、死んでる色だよ」と言われ、大変ショックを受けました。。。

 

単色ではなく複数の色を使った方がより実物に近づくはずだと確信していたのですが、混ぜすぎて小汚い色になっていたのでしょうね。

 

とにかく、「お前の色はもう死んでいる」と言われ、トラウマになりまして、それ以来、自分で色を選択するのは自信がありません。

 

 

あなたにも、フラットデザインの足音が近づいている・・・

 

カラーコーディネーターとかデザイナーの方ならともかく、色使いに自信が無いあなたが、ある日上司から

君、今流行のフラットデザインでひとつ頼むよ」と言われたらどうしますか?

 

上司って「若者だから」とか「ネクタイいい感じだから」とか「絵心がありそうだから」とか適当な理由でフラットデザインを求めがちです。フラットデザインの乱発はコンプライアンス違反です。

恐らく、国民の2万人に一人はこの「フラットデザインよろしく」で悩んでいることでしょう。

 

 

ところでフラットデザインって何?

 

iOS 7の発表で知名度上がったかも知れません。GoogleやMicrosoft、そしてAppleが採用したため、強制的に世の中はフラットデザインに変わろうとしています。最近はYahoo!のWebサイトががらっと変わったのに気づいていますか?アレです。あんな感じです。

 

スマートフォンだと、こんなの

fabolog_flatdesign_sample01

 

PC(Windows8)だと、こんなデザインのやつです

fabolog_flatdesign_sample02

 

iPhoneで比較すると

 

左が皆さんお使いのiOS 5,6のデザインで右がiOS7(フラットデザイン)


左が皆さんお使いのiOS 5,6のデザインで右がiOS7(フラットデザイン)

簡単にいうと、陰影とかリアルさを排除して、シンプルな色使いとデザインになったということです。

 

えー実は、個人的には早くもフラットデザインに飽きてきたのですが、「シンプルイズベスト」ということで主流になっています。

ところが、古いMicrosoft Officeや簡単なお絵かきツールを使って配色を選ぶと・・・

 

こんなのができあがります。

fabolog_flatdesign_dasai

 

だって、 カラーパレットの選択肢が原色系なので、センスがあろうがなかろうが、他の色を選んでいるとこうなっちゃうんだもん。

fabolog-flatdesign_msoffice_colorpallete

そんな声が聞こえてきます。

 

はい。配色が苦手でもこんな良いサービスがあります。

 

フラットデザインを支援するWebサービスは複数あるのですが、このサイトが私はNo.1だと思うのでひとつだけご紹介します。

 

http://paletta.mrk1869.com/

fabolog_flatdesign_paletta_capture

 

 

フラットデザインっぽい色だけがチョイスされていて、さらに一つの色をクリックするとそれと相性の良い「調和のとれた色」だけを並べてくれるカラーパレットです。

たとえば青をクリックすると、その色相に近いパレットが並びます。

fabolog-flatdesign_paletta_capture02

紫をクリックするとこんな感じ

 

fabolog-flatdesign_paletta_capture03

 

・いい感じの色を見つけたら、カラーコードをコピペできます。

・左上のリセットボタンを押すと最初に戻ります。

 

いいでしょ。

なんでもシンプルにすれば良いのではなくて、操作をシンプルにして快適な使い心地ってのがフラットデザインの真骨頂なのですが、その教科書のようなサイトです。

 

これであなたも、「これ、フラットデザインにしておいて」と上司やパートナーから言われても恐れることありません。

 

 ちなみに、娘の小学校の夏休みの自由研究は、「実際に色を混ぜてみる」でした。

絵の具でやると汚くなる恐れがあるので、カラー粘土を混ぜて、台紙にぺったりと貼り付けるというフラットデザインを難なくこなしておりました。

fabolog-flatdesign-shukudai

 

宿題はもう期限切れですが、

Faboでは、ビジネスのアイデアを一緒に考えるのはいつでも承ります

。特にスタートアップ、マーケティング、集客、ビジネスモデルの考察といった領域は得意です。

  • マーケティング(プロモーション)予算がとれない
  • とにかくやってみたいが何から手をつけていいかわからない

頭をフラットにして、一緒に考えましょう。お気軽にご連絡ください。

行き詰まった組織のアイデア出しのお手伝い始めています。

最後までお読みいただき感謝します。