新製品・新サービス名称(ネーミング)で一番大切なこと


 

腰痛法人ギックリーいいですね。腰痛法人という法人があるなんて知りませんでした。」

 

と言われることがあります。。。。いえいえ、会社法には腰痛法人なんて種別はございません。勝手に言っているだけです。すみません。

みなさんこんにちは。おせちで残った「なます」はキャベツを足してコールスローにすると激旨だったことを知った2014年幕開けのFabo伊藤です。

 

ときおり、初対面の方にファーボ株式会社は覚えていなくても、「あ、あのギックリーさんですね。」と言われる事があります。

これは嬉しい事です。せっかくウンウン唸って考えた名前ですから、覚えてもらえるのはありがたい。

店舗名、キャッチコピーや製品/サービス名称を考えるのはFaboの得意とする作業のひとつです。

 

今日は、その名称が言いやすいのか?についてフォーカスします。

 

Fabo利用のネーミングテクニックはいくつかあります。

  1. 絶対的昇順の法則 (その業界で並んだ時に最初にせざるを得ない名称にする)
  2. 心理的オノマトペ組み込み技 (思わず出そうな音が組み込まれている)
  3. 検索オンリーワン主義 (ネットに存在しない造語で勝負)
  4. 多言語セーフティーチェック (その音が外国ではウ◯コにならないか)
  5. ロゴデザインバランスチェック (文字の並びがデザインに向いているか)
  6.  商標登録の確認

これらを駆使しながら、スタンフォード流正しいブレインストーミングのやり方で量産し、選定していきます。

上記のクニック以前に大事な事があります。それは「発生した時の音がいい感じか?」です。

名づけて「最終奥義ネーミングの法則」です。
もうね、

スパイラル・ハリケーン・フラッシュピストン・マッハパンチ・オブ・クライム!

よりも

ミラクルカッター!

の方が言いやすいですよね。

どんなに変な名前でも、将来お客様になって頂くのは人間である限りは、口から発した時に心地よいというのは絶対的に必要です。人に伝える時に、えーっと何だっけ、アレだよ、アレ・・・ではダメです。

例えば、ギックリー改め、

腰痛激痛耐性サービス「ギクギクビクビクブルブル」

 

に変更したらどうでしょう?略称は「腰痛ギクブル」です。
インパクトはありますが、覚えづらいですね、何か音も嫌な感じです。

このように、名称って覚えやすい方がいいのですが、ありきたりだと既に世にあるモノとかぶってしまうジレンマが発生します。そこで、ちょっとひねる訳ですね。

Yahoo!やGoogle、Tullysのように、やほー、ごっごる、ちゅりーずと読んでしまいそうな単語も有名になってしまえば勝ちです。

結論としては身も蓋もないですが、言い続けていると覚えてくれるというのも事実です。

究極的に私が大事にしているのは「語感がいい感じか?」だけです。

例えば、「腰痛ギクブル」は不評だったので、もっと親しみやすく

「ぎっくり腰110番”腰痛駆け込み寺”」

 

という名称に変えてみたらどうでしょう?

これもインパクトありそうな単語の組み合わせですが、救急車と寺という2つのイメージが覚えづらいですね。
どこで区切って略称にしてもも、全体を表さない(110番、腰痛駆け込み寺)のがNGです。
何よりも「か・け・こ・み・で・ら」が長いのです。単語としては普通ですが、サービス名称としては長い。

 

発声した際に4つ以下にするのが大事です。

 

そうです、4語以下です。( ー`дー´)キリッ

ここから話が脱線します。ええ、B型は話が脱線します。それが何か?

皆様はマジックナンバー(マジカルナンバー)というのを聞いたことありませんか?
心理学用語で、人間が短期的に記憶できる限界とされる数で7±2と言われています。

これを提唱した心理学者ジョージ・ミラーは1956年の時の話。現代ほど情報にあふれていない時代です。

しかも研究論文じゃなくて何かの講演で話した内容がひとり歩きして現代でもマーケティングで使われています。

私が思うに、短期的に覚えられる数なんて3つか4つです。

よって、マジックナンバー7ではなく、「マジックナンバー アバウト 4」を提唱したいと思います。

 

あなたの手帳に書いてある名称候補は何文字ですか?
口に出して心地く、いい音してますか?セコムしてますか?
セコムはセキュリティ・コミュニケーションを縮めた造語だったことはどうでもよくて、セコムって言いやすですよね?

 

あなたの新規製品・サービスの名称を無償で考えます。

 

新規製品、サービスの名称を一緒に考えて差し上げます。平日の夜、Fabo銀座事務所にお菓子を持ってお越しいただいた方には、無償で一生懸命考えます。どうぞ、お気軽にお問い合せください

 

このブログで書いた「マジックナンバー アバウト4」が50年後には定説になっていることを妄想しながらこのエントリーを閉じます。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。