Prezi(プレジ)!パワポよりも遥かにプレゼン上手に見えるツール


prezi_icatch_01

ズームイン&アウト自由自在、21世紀型紙芝居ツールのご紹介

 

先日のインフルエンザは神様が「ゆっくり寝てなはれ」と言ってくれたギフトだと思っている自己中心前向きなFabo代表の伊藤です。

 

見出しに”21世紀”をつけるなんて、むしろ哀愁を感じちゃいますが、Prezi(プレジ、いや、プレズィ)というツールのご紹介です。知っている人は今更かも知れませんが、思ったより認知されていないので、エントリーします。

もうね、グウィーン、ギュウィ~ンというアニメーションみたいなプレゼンが作れるのがPreziです。

 

パワーポイントなんて作る方も見る方も飽きちゃった?

 

私はパワーポイントのスキルについては、老後にアビバで講師として雇ってもらえる自信がある程の腕前と自負しております。ただし、ずっと同じツールを使っていると飽きてしまう天邪鬼です。

パワーポイントを使うプレゼン資料の問題点の中には

  • 1スライドに文字を詰めすぎてしまう
  • アニメーション(動き)を加えるとちょっとうざくなる

という点があります。

この問題は

「配布用紙資料」と「プレゼンで投影する資料」に求められる要素が違うのにごっちゃにしちゃう

のが原因です。

 

配布資料は文字量が多くても自分のペースで読めばいいので問題ありません。

プレゼンについては、コンパクト、要点を絞り込んで作ることに加えて、投影しながら説明するという”臨場感”や”場の雰囲気で対応を変えられる”というエンターテイメント性が重要になります。

参考エントリー:「一流プレゼンにみるグラフを使った内緒のテクニックとは?」

 

Preziはデザインと動きを使ったメッセージ性の高いプレゼンに向いています。つまり、プロジェクター投影型です。
さて、薀蓄(うんちく)よりも見ていただいた方がいいですね。

 

Faboの研修で投影したPreziはこちら

 

今月、【中野白熱教室】 スタンフォード流ブレーンストーミング体験会 というイベントを実施した際のプレゼン投影Preziです。

【Prezi操作のご確認事項】
残念ながらPreziはFlashを使っているため、iPhone端末では、専用アプリが必要ですので、YouTubeに変換した下の方をご覧ください。 ( Preziのエンジニアの方は、HTML5への移行を全力でお願いします。)

参考エントリー: iPhoneから見られないWebサイトは減らすべきだ (`ω´)キリッ

また、PCの方も、Flashプレイヤーは脆弱性が指摘されてますので、こまめにUpdateをおすすめします。

 

PCの方はこちら

↑ ネットの速度によっては、Preziプレイヤー初回読み込みに少々お時間かかるかも。下の方のインジケーター(青)が満たされるまでお待ちを。

iPhone等、FlashPlayer未対応の端末はこちら のYouTubeアップ版をどうぞ


↑ YoutubeではPreziならではの操作を自分で出来ませんが、雰囲気は伝わると思います。

 

【Fabo広告】
問題解決手法になるスタンフォード 流ブレインストーミングは今後は教員の方に好評のため、教育関係者にサービスを展開します。
興味あるかたは、どうぞお気軽にご相談ください。

 

このテンプレートは黒板をイメージしていますが、もうちょっとポップでガーリーな感じのデザインをご覧頂きましょう。

 

せっかくなので、ファーボの社名の由来説明をPreziで作ってみました。

 

PCの方

 

iPhone/YouTubeな方

 

いかがでしたか?

社名を決めた時は会議室ではなく、「横浜の焼き鳥屋で、その場で箸袋に書いて決まった」というシークレット情報はプレゼンに記載してません。ご了承ください。

 

基本機能は無料、学生さんはもっとお得なPrezi

 

Preziの使い方は慣れればどうってことありませんが、ちょっとクセがあります。しかし、パワーポイントの方が自由度が高すぎて難しいツールだと思います。

興味あるかたは、習うより慣れろ!ということで、使ってみることをオススメします。

↓ Preziのトップページ 。数年前のリリース時期よりも日本語化がしっかりしてきたので使いやすくなっています。

prezi_web

 

どうでしょう?難しいでしょうか? 残念ながら、アビバにはまだPreziコースはありません。

Prezi使い方教室を開催してほしいという奇特な方は交通費さえいただければ日本全国どこでも行きます。

あ、あとアビバ関係者の方、パワポ教室の講師は不足してますか? 私の老後まで待っていただけると幸いです。

 

冒頭の写真の女性につられてクリックしただけな人も、最期まで読んでいただいてありがとうございます。

余談ですが、最近は日本人中心のモデル写真素材もフリー素材が増えてきましたね。それに気がついたので画像で使ってみた次第です。それでは。