腰痛法人GICRRY

 

ぎっくり腰経験者をとことん救う・・・・

腰痛法人ギックリーの活動

1.腰痛人生のきっかけとなるぎっくり腰の体験談、 知恵を共有し、正しい対処法を広める。

2.GICCRY Webサイト運営、アプリ・グッズ販売、 ストレッチ教室、ソーシャル&リアルのあらゆる手段 で腰痛人生の改善を進める。

3.とくに働き盛りや子育て世代を中心に支援する。

 

 

なぜなら、日本はぎっくり腰の人が多いから・・・・

 

日本人の8割が腰痛経験者

→減る傾向はない。 欧州では「腰痛ガイドライン」があり激減している・・

通院者の14.7%が腰痛症(H.23 国民健康調査)

→医療費圧迫要素のひとつ

腰痛が多い年代は?

→実は30代、40代が一番

腰痛による経済損失

「英国、米国では GDPの1%~2%の経済損失があると政府機関のレポート」

日本でも同等以上と推定

腰痛による経済損失

腰痛法人ギックリー調べ

 

ぐきっときたらGICRRY、そのサービスとは・・・・

ギックリーのサービスイメージ

 

  1. ぎっくり腰になる
  2. 動けないのでスマホで・・・
    ・Twitterでつぶやく「ぎっくり腰なう」
    ・Googleで検索する「ぎっくり腰」
    ・Facbookに記載する「やばい、ぎっくり腰どうしよう」
  3. GICRRYを見つける
  4. iPhoneアプリ、Webで「GICRRY:ぎっくり腰緊急対策マニュアル」 を実践し、たんに安静にするより早く回復させる
  5. GICRRY コミュニティでぎっくり腰仲間と情報交換
  6. ぎっくり腰は動かして治す、あの痛みは味わいたくないという方はGICRRYストレッチ教室に行き、ただしいセルフメンテナンスを習慣化する
  7. 腰痛バイバイでアグレッシブな「あなた」を取り戻す「サンキューGICRRY」

 

詳細はギックリーWebサイトをご覧ください。